2006年09月13日

ダウ、4カ月ぶり高値…今日上げないで何時上げる

これまでNYダウが下げたから今日は下げといってきた
NYとの連動性を強調してきた
幾多の投資家がいるようですが、
今日は、どんな動きになりますかね。

 【ニューヨーク12日時事】12日の米株式相場は、原油相場の急落や米大手企業の好決算を好感して大幅続伸となった。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比101.25ドル高の1万1498.09ドルと約4カ月ぶりの高値で終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数も42.57ポイント高の2215.82と、約3カ月半ぶりの高水準で引けた。 


NYダウの動きは率直でわかりやすいです。
おそらく、アメリカという国は不景気の時でも、前向きな人が多いのでしょう。それに比べると日本では景気の良い現状でも、陰気な人が多いのが目に付きますね。

基礎的要因としては、やはり原油の下落→商品市場の下落
このような場合、普通は、株価上昇要因です。


posted by おきらく at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。